マーケット情報_2022/7/18~7/22

 こんにちは。
 アダムです。
 

 今週のマーケット情報の中からFXの運用に
 関連する情報を記載します。

 投資判断や自動売買(EA)の稼働判断等の
 参考値として確認しておいてください。

 コロナ禍にウクライナ情勢睨みで
 ボラが拡大傾向です。

 また、円安の動きには注意しつつ
 安全圏で運用を行いましょう。

 安全にいくのであれば、ロットを抑えて
 取組みましょう。

 無理に動かず様子見選択も結構です。

 

 
 “ポジションを持たないことも投資です。”

 

 2022/7/18(月)

 ①重要度:☆
  23:00~
  ・(US) 7月 NAHB住宅市場指数

 ②重要度:☆
  29:00~
  ・(US) 5月 対米証券投資

 

 7/18は、特に目立つ指標はありません。
 週明けなので様子を見ながら臨みましょう。

 ■監視対象
 ・USD/JPY
 
 ※その他、ドル、円絡みのペア。
 

 2022/7/19(火)

 ①重要度:☆
  10:30~
  ・(AU) 豪準備銀行金融政策会合議事要旨公表

 ②重要度:☆
  15:00~
  ・(UK) 6月 失業保険申請件数
  ・(UK) 6月 失業率

 ③重要度:☆☆
  18:00~
  ・(EU) 6月 消費者物価指数

 ④重要度:☆
  21:30~
  ・(US) 6月 住宅着工件数
  ・(US) 6月 建設許可件数

 ⑤重要度:☆
  26:45~
  ・(UK) ベイリー英中銀(BOE)総裁発言

 

 7/19は、18:00からの欧州消費者物価指数に注目です。

 ■監視対象
 ・EUR/USD
 ・USD/JPY
 ・EUR/JPY

 ※その他米ドル、ユーロ、円絡みのペアに注意。
 

 2022/7/20(水)

 ①重要度:☆
  15:00~
  ・(UK) 6月 消費者物価指数(CPI)

 ②重要度:☆
  23:00~
  ・(US) 6月 中古住宅販売件数
  ・(EU) 7月 消費者信頼感

 

 7/20は、目立つ指標は予定されていません。
 
 ■監視対象
 ・EUR/USD
 ・USD/JPY
 ・EUR/JPY

 ※その他米ドル、ユーロ、ポンド、円絡みのペアに注意。
 

 2022/7/21(木)

 ①重要度:☆☆
  未定
  ・(JP) 日銀金融政策決定会合・終了後政策金利発表
  ・(JP) 日銀展望レポート

 ②重要度:☆☆
  15:30~
  ・(JP) 黒田東彦日銀総裁・定例記者会見

 ③重要度:☆☆☆
  21:15~
  ・(EU) 欧州中央銀行(ECB)政策金利

 ④重要度:☆
  21:30~
  ・(US) 前週分 新規失業保険申請件数
  ・(US) 前週分 失業保険継続受給者数
  ・(US) 7月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

 ⑤重要度:☆☆
  21:45~
  ・(EU) ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁・定例記者会見

 ⑥重要度:☆
  23:00~
  ・(US) 6月 景気先行指標総合指数

 

 7/21は、ECB政策金利発表が予定されています。
 その他、日銀黒田総裁の会見など注目度の高い
 イベントもありますので静観しましょう。
 
 

 ■監視対象
 ・EUR/USD
 ・USD/JPY
 ・EUR/JPY

 ※その他、米ドル、ユーロ、円絡みのペア。
 

 2022/7/22(金)

 ①重要度:☆☆
  8:30~
  ・(JP) 6月 全国消費者物価指数(CPI)

 ②重要度:☆
  15:00~
  ・(UK) 6月 小売売上高

 ③重要度:☆
  16:15~
  ・(FR) 7月 製造業購買担当者景気指数
  ・(FR) 7月 サービス部門購買担当者景気指数

 ④重要度:☆
  16:30~
  ・(DE) 7月 製造業購買担当者景気指数
  ・(DE) 7月 サービス部門購買担当者景気指数

 ⑤重要度:☆
  17:00~
  ・(EU) 7月 製造業購買担当者景気指数
  ・(EU) 7月 サービス部門購買担当者景気指数

 ⑥重要度:☆
  17:30~
  ・(UK) 7月 製造業購買担当者景気指数
  ・(UK) 7月 サービス部門購買担当者景気指数

 ⑦重要度:☆
  21:30~
  ・(CA) 5月 小売売上高

 ⑧重要度:☆
  22:45~
  ・(US) 7月 製造業購買担当者景気指数
  ・(US) 7月 サービス部門購買担当者景気指数
  ・(US) 7月 総合購買担当者景気指数

 

 7/22は、日本のCPIに注目です。
 その他、各国指標の多い一日です。
 金曜なので早めの手仕舞いが出来るよう調整しましょう。

 

 ■監視対象
 ・EUR/USD
 ・GBP/USD
 ・CAD/USD
 ・USD/JPY
 ・EUR/JPY
 ・GBP/JPY
 ・CAD/JPY

 ※その他、米ドル、ユーロ、ポンド、カナダ、円絡みのペア。

 

 凡例
 ☆:注意
 ☆☆:要注意(数時間前に運用STOP)
 ☆☆☆:警戒(一日運用STOP)
 

 指標カレンダーに予定の無い
 突発的な要人発言や天災等には注意し
 発生したらすぐに運用を停止しましょう。

 

 
 それでは、アダムでした。
 

サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑