マーケット情報_2022/4/4~4/8

 こんにちは。
 アダムです。
 

 今週のマーケット情報の中からFXの運用に関連する
 情報を記載します。

 投資判断や自動売買(EA)の稼働判断等の参考値として
 確認しておいてください。

 コロナ禍にウクライナ情勢睨みで
 リスクオフが継続です。

 安全にいくのであれば、ロットを抑えて
 取組みましょう。

 無理に動かず様子見選択も結構です。

 

 
 “ポジションを持たないことも投資です。”

 

 2022/4/4(月)

 ①重要度:☆
  18:05~
  ・(UK) ベイリー英中銀(BOE)総裁発言

 週明け月曜は市場にインパクトを与える
 指標は特にありません。
 日本時間夕方の18:05に英中銀総裁発言が
 予定されていますので、一応頭には入れて
 おきましょう。
 トレードは通常運転で問題ないと想定します。

 ■監視対象
 ・GBP/USD
 ・GBP/JPY

 ※円絡みのペアは引き続きボラに注意。
 

 2022/4/5(火)

 ①重要度:☆☆
  13:30~
  ・(AU) 豪準備銀行 政策金利発表

 ②重要度:☆
  21:30~
  ・(US) 2月 貿易収支

 ③重要度:☆
  22:45~
  ・(US) 3月 サービス部門購買担当者景気指数(改定値)
  ・(US) 3月 総合購買担当者景気指数(改定値)

 ④重要度:☆☆
  23:00~
  ・(US) 3月 ISM非製造業景況指数(総合)

 

 4/5は、日本時間の昼間に豪州指標が予定されています。
 注意の指標ですから、豪ドル絡みは様子見しましょう。
 夜は23:00の米国のISM非製造業景況指数が
 注目です。
 それなりに反応することもある指標なので、
 出来れば手仕舞い推奨です。

 ■寸評
 ・(AU) 豪準備銀行 政策金利発表
  政策金利発表は、各国中銀の政策の発表の場です。
  現時点と今後における経済に対する中央銀行の
  見解が確認できるので、重要度の高いイベントです。
 
 ・(US) 3月 ISM非製造業景況指数
  全米供給管理協会が発表する米国景況感を示す指標です。
  300社を超える非製造業購買担当へのアンケートから
  産出した指数となります。
  非製造業の景況感を示す上で重要なファクターとなります。

 ■監視対象
 ・USD/JPY 
 ・AUD/JPY
 ・EUR/USD
 ・GBP/USD

 ※その他米ドル、豪ドル絡みのペア。
 

 2022/4/6(水)

 ①重要度:☆
  15:00~
  ・(DE) 2月 製造業新規受注(前月比)
  ・(DE) 2月 製造業新規受注(前年同月比)

 ②重要度:☆
  17:30~
  ・(UK) 3月 建設業購買担当者景気指数(PMI)

 ③重要度:☆
  18:00~
  ・(EU) 2月 卸売物価指数(PPI)(前月比)
  ・(EU) 2月 卸売物価指数(PPI)(前年同月比)

 ④重要度:☆☆
  27:00~
  ・(US) 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

 

 4/6は、日本時間の夕方以降に欧米の
 指標が続きます。
 注意は27:00に予定されている
 FOMC議事要旨です。
 市場参加者の注目度が高いイベントですし
 日本時間の夜中なので、ノーポジションで
 睡眠推奨です。 

 ■寸評
 ・(US) 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
  米国連邦公開市場委員会という公開市場操作の
  方針決定を行う委員会です。
  FOMCは、約6週間ごとに年8回開催される他、
  必要に応じて適宜開催されています。

  米連邦準備理事会(FRB)が開く会合です。
  FOMC開催最終日に声明文を公表します。
  議事要旨は、FOMC開催最終日の3週間後に
  公表されます。
  米国の金融政策を占ううえで市場関係者の
  関心が非常に高いイベントです。
 
 

 ■監視対象
 ・EUR/USD
 ・GBP/USD
 ・USD/JPY
 ・EUR/JPY
 ・GBP/JPY
 
 ※その他ユーロ、ポンド、米ドル絡みのペア。
 

 2022/4/7(木)

 ①重要度:☆
  15:00~
  ・(DE) 2月 鉱工業生産 (前月比)
  ・(DE) 2月 鉱工業生産 (前年同月比)

 ②重要度:☆
  18:00~
  ・(EU) 2月 小売売上高(前月比)
  ・(EU) 2月 小売売上高(前年同月比)

 ③重要度:☆☆
  20:30~
  ・(EU) 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

 ④重要度:☆
  21:30~
  ・(US) 前週分 新規失業保険申請件数
  ・(US) 前週分 失業保険継続受給者数

 

 4/7は、日本時間の午後15:00のドイツ指標を
 皮切りに夕方から夜にかけて断続的に指標発表が
 続きます。
 注意は何といっても20:30から予定されている、
 ECB理事会議事要旨でしょう。
 主要政策金利やインフレ率に対する言及が
 市場の予想と乖離しなければ、そこまで大きな
 動きはないものと想定しますが、リスクは
 敢えて取りに行かずとも良い物です。
 
 
 ■寸評
 ・(US) 2月 個人消費支出
  欧州中央銀行(ECB)理事会議は月に2回
  ドイツのフランクフルトにあるECB本部で
  開催されます。
  主要政策金利やインフレ率、為替動向など
  幅広く議論をされ、マーケットの注目は
  高いイベントです。

 

 ■監視対象
 ・GBP/USD
 ・EUR/USD
 ・USD/JPY
 ・EUR/JPY
 ・GBP/JPY

 
 ※その他ポンド、ユーロ、米ドル絡みのペア。
 

 2022/4/8(金)

 ①重要度:☆☆
  21:30~
  ・(CA) 3月 新規雇用者数
  ・(CA) 3月 失業率

 

 4/8は、日本時間の夜21:30から
 予定されているカナダの指標に注目です。
 米ドルほどではないですが、カナダも
 G7加盟国であり、市場の予想と大きく
 乖離する場合はそれなりに影響は
 波及する可能性を孕んでいます。
 何れにせよ、21:00までには手仕舞いを
 推奨します。 

 ■寸評
  ・(CA) 3月 新規雇用者数
  ・(CA) 3月 失業率
  カナダ統計局が、月初の金曜日に公表する
  雇用者数と失業率の値です。
  雇用者数の増減は景況感を測る上で、重要な
  尺度となるので、注目度は高い指標です。
  マーケットの予想と乖離した場合には
  それなりの影響力を持つイベントです。

 

 ■監視対象
 ・CAD/USD
 ・CAD/JPY

 ※その他加ドル、ユーロ、米ドル絡みのペア。

 

 凡例
 ☆:注意
 ☆☆:要注意(数時間前に運用STOP)
 ☆☆☆:警戒(一日運用STOP)
 

 指標カレンダーに予定の無い
 突発的な要人発言や天災等には注意し
 発生したらすぐに運用を停止しましょう。

 

 
 それでは、アダムでした。
 

サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑