元素騎士メタバース(MV)の国内上場について

 こんにちは。
 アダムです。
 

 災害的猛暑が続いています。
 異例の早期梅雨明けも頷けます。

 体が熱さに慣れていないところに
 この猛暑は相当堪えるはずです。

 熱中症対策は万全に行いましょう。

 

 本日の本題

 

 元素騎士メタバース(MV)がついに国内取引所に
 上場しました。
 
 上場先はクラーケン・ジャパンです。

genzo_jojo
.

 クラーケン自体が相当に厳密な上場基準を
 持っていることに加え、暗号資産上場に関して
 時間のかかる日本での上場はやはり意味合いが
 異なります。

 クラーケン基準に追加して、日本の基準を
 クリアしないといけないハードルは非常に
 高いものがあり、数年前から上場申請を
 出して未だに上場できていないプロジェクトは
 たくさん存在します。

 

 MVは、最速での国内上場となります。

 国内上場で主に厳しく審査されるのは下記の二点。

 ①プロジェクトの透明性
 ②投資家還元体制(投資メリット)

 この二点が正しく評価された結果でしょう。
 

 つまりは、日本国の基準でも投資家にメリットのある
 プロジェクトであり内部体制もクリアである証左です。
 
 このことは、非常にポジティブに捉えるべきです。
 

 まだMVの価格には反映されていませんが、
 βを経て正式ローンチになり、実体経済に
 MVが浸透していく時に、その価値はしっかりと
 MV価格として反映されていくでしょう。
 
 先ずは、日本円でMVが購入可能になったことは
 何よりも大きいと感じます。

 そして、間もなくTVCM等が放映され、一般層が
 GameFiを身近に感じるようになること。

 その中心にMVがあるという未来を創造するためには
 日本円でMVが購入できるということは絶対条件です。
 

 
 今後は、この世界にLANDがアテンドされ、
 メタバース要素が加わっていきます。

 ここで、企業参画というプロジェクト拡大が
 起こります。

 そこに乗る企業も予定通りなら強力ですし、
 NFTなどもまだ未発表のことが多くあると
 聞いています。

 次は、さらなるグローバル展開に関する
 インフォメーションを待ちたいです。

 しっかりとロードマップをこなし、
 ユーザーとの信頼関係を構築した上で
 豊かに発展していくことを期待します。

 


 
 それでは、アダムでした。
 

サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2022年11月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑