世界最弱通貨

 こんにちは。
 アダムです。
 

 また気温が下がってきましたね。
 来週は暖かくなるようですが、
 早く安定した気温になってほしいものです。

 来週は基本的に天候も良いようです。
 会議と出張が続くので、有り難いです。
 
 

 本日の本題

 

 さて、本題に移ります。

 円安も節目(黒田ライン)といわれる
 125円まで進み、一気に121円台まで
 戻しています。
 現在は122円台中腹と言うところ。

 ボラティリティは拡大していますが
 いずれにしても円安継続であることに
 変更はありません。

 ■過去記事
 ・円安オーバーシュート

 ・原因はなく結果のみが存在する世界

 

 円安で恩恵があるのは輸出企業。
 興味があるのは機関投資家くらいでしょう。

 日銀は円安支持を明らかにしていますし
 旨味があればいくらかは投資マネーも
 動くのでしょうが、大きく動くか否かは
 別問題です。

 この辺はリスクとリターンのバランスです。

 日本は常にこの部分に旨味がありません。

 

 日米の金融政策に明確な差がありますし
 円への魅力も無いですから、円安は継続で
 間違いないと考えています。

 私は、現状最弱通貨の一つと思っています。

 その理由がこちら
 ↓

RUBJPY
 .

 ルーブル/円のチャートです。
 ウクライナ侵攻までは、1.4円台でした。
 
 さすがに、侵攻後に世界各国から経済制裁を
 受けてデフォルト一歩手前なので、どんどん
 ルーブル安が続きましたが、現在は侵攻前の
 水準に戻しています。

 

 他通貨でも同様の動きは確認できますが、
 日本円は他通貨に対しても弱含みなので
 やはり価値毀損が生じていることに
 疑う余地はないでしょう。

 

 カウンターパンチが炸裂するとすれば、

 何らかの理由で米国株が暴落するか。
 ウクライナで有り得ない事が起きるか。

 可能性は常にゼロではないですが、
 そこに張るよりは、

 「円安押し目買い」

 というのがセオリーな相場です。
 


 それでは、アダムでした。
 

サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑