負けない手法-錬金術は存在するのか?-

 こんにちは、アダムです。
 
 

 投資において重要なのは、負けないことではなく利益を出すことです。
 
 つまり、長く生き残ることではなく破綻せずに利殖をするのが重要ということです。

 
 これは、投資に対して横断的に断定できることで行為の始まりであり終わりです。

 いつの時代も、投資家はそれを目指しますが、宝の地図はなかなか見つかりません。

 
 ここで、一つそうした手法の鍵を紹介します。
 
 宝の地図の切れ端です。

 
 例えば、FXの手法で負けないように利益を出せるもの。
 
 
 株などでよく使われるテクニックで「つなぎ売買」というのがあります。
 
 分からない人は、Googleに聞きましょう。
 
 きっと、もっと分からなくなりますが。。。

 理解できた方は非常に優秀です。
 
 
 全てではないですが、やることはだいたいこれと同じです。
 
 まず、売りでも買いでも良いのでエントリーします。
 
 
 そのあと、上がるか下がるか、いずれにしても不利方向にレートが動いた場面。

 
 こんな時に良く言うのは、「○○pips下がったら損切り。」です。
 
 実際にこれをやるとよく分かりますが、多くは利小損大のスパイラルに陥ります。
 
 
 今回記載する手法では、一定値幅不利方向に落ちた時にヘッジをします。
 
 例えば、買玉エントリーした直後に下落した場合、あるポイントで売玉を持ちます。
 
 
 これで、その先いくら下落しても損失は固定されます。
 
 
 ただ、このままでは完全に両建て状態で利益にもなりません。
 
 
 そこで、更に下落したレートで買玉を追加します。
 
 つまり買ナンピンをするイメージです。
 
 
 これで、買玉:売玉が2:1になるので買方向に1枚傾きます。
 
 ここからレートが上がると、どこかの時点で利益が発生し一括決済できます。
 
 
 一方で、追加の買玉を持ったあとで更に下落する場合はどうでしょう?
 
 
 この場合は、更に一定pips下落したレートで再び売玉をエントリーします。
 
 
 これで、買玉:売玉が2:2で釣り合います。
 
 
 これを繰り返していくと、結果として値幅の半分程度の損失が固定されていきます。
 
 
 -何だ?- 
 

 と思うかもしれませんが、この鍵を見落とさないようにして下さい。
 
 
 ヒントはたくさん散りばめられています。
 
 
 ・裁量が不要だということ。
 ・両建てのメリットを活かせるということ。
 ・意図した方向と逆に動いても、損失はどんどん固定されていくということ。
 
 

 最後に核心

 
 買玉⇒売玉⇒買玉⇒売玉・・・・と続けていくときの損益はどうなっているか?
 

 
 さぁ、あとは鍵穴を見付けるだけとなりました。
 
 
 それでは、アダムでした。




サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年4月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑