矛盾なく結果に寄り添う

 こんにちは、アダムです。
 
 「そういえば、あれの現状はどうなってるの?」 

 ある方から、昨日頂いたメールです。
 
 あれというのは、先日サイトに書いた日経225のことです。
 
 →あれの詳細 
 
 日経225が18,000円まで行くかもよと言われているのでEA稼働させますと書きました。
 
 その時のレートが確か、16,000円弱くらいだったのではないかと記憶してます。
 
 EA稼働後、16,400円程まで上昇した後、一転反落し14,500円レベルまで下落しました。
 約2,000円の下落です。
 
 FXではそうそう味わえないジェットコースターです。
 
 もちろん私も絶賛エントリー中でした。
 
 それで、結果はどうなったか?
 
 こちらです↓
 
 nk225
 
 ご覧の通り、14,500円付近の底で買ポジションを持ってぐんぐん上がっています。
 含み益は、$2,500程でしょうか。
 
 画像に解説も付けましたが、一応補足します。
 
 どこから始めても結局一番下で買いポジションを持ちます。
 その後、上昇して頂上付近で売りを持ち、「利益の保存1」が完成します。
 更に上下をしているので、流れに逆らわず「利益の保存2」も追加しました。
 それでも、トレンドは止まらず、17,500円まで上昇しました。
 そこで売りが発動し、調整下落がありました。
 あとは、適当なところで買いポジションを持ち「利益の保存3」が追加されました。
 

 上記は全て自動で行われます。
 
 私が最も信頼を寄せるEAで、完成されたものと書いたEAが正にこれです。
 
 チャートを見て頂くと分かると思いますが、果たしてこの底値で
 買ポジションを構築した人がどのくらいいるでしょう?
 
 私のEAは、理由がないからどこでも買えますしどこでも売れます。 

 下がっている時に買いをエントリーしようが、売りをエントリーしようが
 結局利益になるので縁を求めるまでもありません。
 
 何度も言うように、どこでエントリーしても結局含み益です。
 そして、適当に「利益の保存」を行います。
 

 2,000円下落している間もただ利益が発生していただけです。
 
 頭と尻はくれてやれと言いますが、取れるなら取った方が良いことに違いなく、
 私の手法ではそれが可能です。
 
 「くれてやれ」などと言っている方は、正直に「頭と尻は取れません」と言うべきです。
 
 底の底で買うことも、天井で売ることもやっていることは同じで矛盾はありません。
 

 全て呼吸と同様に自然です。 

 
 それでは、アダムでした。

サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑