相場の真相

 こんにちは、アダムです。
 
 
 2014年の1年間をプラス収支で終えたFX投資家がどのくらいいたか?
 

 全体の10%だということです。
 
 
 全体の95%(本当はもっと)が損失を出すと言われているFXの世界で
 勝っている人が10%もいるというのは驚きです。
 
 驚きですが、これには裏があることを読み取りましょう。
 
 
 2014年に利益が出たというのは、2014年中にエントリーした
 ポジションに限ってという話ではありません。

 
 つまり、超円高の時に含み損を抱えヒィヒィ言ってた人が
 何とか、首の皮一枚で繋がってレートが戻り円安相場で
 救われたというパターンも相当数存在するのです。
 
 それを踏まえて、純粋に2014年に行った売買で利益を計上した人となると
 やはり数%もいないラインに落ち着くはずです。
 
 これを考えると、FXで勝つか負けるかに精を出すよりも
 相場に対して生き残れるか否かを論じた方が最終的に利益を
 獲得できる可能性が高いのかもしれませんね。
 
 薄利ですが。
 
 
 負けづらい手法を考えます。
 
 両建てでも、資金管理でもなんでも結構です。

 
 あとは、野となれ山となれで放置プレイできる人は最後に利確できます。
 但し、莫大な資産が必要だというのが前提です。
 
 要は、メンタルが何より重要で、相場の真相とは精神世界の問答です。 

 故に安心できない投資では勝てるはずはないのですが、
 良く売れる殺し文句は「安定型」の手法です。
 
 
 安心>安定 

 
 言葉のチョイスとセンスは商材レターに負けますが、上記の不等式は
 絶対に忘れてはいけない真理です。
 
 心を強く持ち、初心を忘れず一貫してルールに基づいたトレードを行う。
 
 多くの人には不可能です。
 

 理由は、「レバレッジ」。
 
 
 FXで99%が損をする理由も「レバレッジ」。
 
 
 その他のリスクや、敗因は取るに足らないファクターです。
 
 

 それでは、アダムでした。
 

サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年12月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑