理由と結果

 こんにちは、アダムです。

 先日、テレビで経済ニュースを見ていた時のことです。
 
 日中のクロス円の暴落を受けて、評論家が言うには、
 
 「本日の円高の理由は、日経平均の大幅下落を受け~・・・」と、
 
 下落の理由について、色々と理由を述べていました。
 
 また、別のある時は、円安に動いた理由を延々と語っていました。
 
 私は、世界のビジネス市況が気になるのでビジネスニュースを見ますが、
 評論家の見解はほぼ聞いていません。
 
 FXでも株でもそうですが、これらの値動きに理由などありません。
 
 結果があるだけです。
 
 結果を見て、色々な理由付けは可能ですが。
 
 「勝つ人は勝ったという」
 「負ける人は負けたという」
 ”結果”があるだけです。
 

 勝った人が勝った理由を分析しても、

 「未来を見てきて、100%必ずこうなることが分かっていたから勝てた。」 

 と言えないうちは、それらは全て「偶然」という言葉に
 包括されるものです。
 
 よく、「為替レートは、市場が決定する。」なんてことを
 お偉いさんが言ったりしますが、正当な「理由」もなく、
 レートが上がりすぎたり下がりすぎたりするので、為替介入という
 抑制策を実行します。
 
 ここでも、言葉と行動が矛盾しています。
 
 では、何故値動きに「理由」を付けたがるのか?
 
 これは一番簡単で、それで稼いでいるエセ評論家がいるからですし
 騙されてお金をむしり取られる個人投資家がいるからです。
 
 レートの上下に理由はありませんし、結果から原因を
 逆引きすることも出来ません。
 
 私の実践している方法はというと、
 上記と同様、理由付けも逆引きも出来ませんが、
 結果を味方に付けることは出来ます。

 

 昨日、少額で行っている中期ロジック口座が
 目標益に達したので決済されました。
 
 直ぐに、新たなるトレードが始まっています。
 運用期間2か月半で、50%ほどの利益です。
 エントリーから、決済まで全て自動で行います。
 
 $5,000の資金に対し、最大25万通貨程エントリーします。
 25,000通貨ではありません、250,000通貨です。
 これで、破綻せず、利益を出していきます。
 
 因みに今回は、15万通貨分エントリーしたところで
 予定利益に達したので決済されました。
 
 結果として、利益が付いてくるといった方が表現としては
 正しいかもしれません。
 
 いずれにしても、確実なものしか信じるべきではありません。
 
 それでは、アダムでした。
 

サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑