投資の機微

 こんにちは、アダムです。


 先日募集をかけました、暗号通貨投資クラブについて、
 多数のお便りをいただきありがとうございました。

 既に取り組まれている方もいるので、合計で22名が参加されます。

 5月中か6月初旬には、本格稼働に移行する予定で、その段階で
 10名未満まで絞る予定です。

 当初、10名程度でも捌けるかなと思っていましたが、現状では無理そうなので
 一期会員については、10名未満で開始します。
 ※実質5名程度が限界かもしれません。

 非常に狭い枠になりそうですが、案件自体が成熟していく中で
 より効率的な方法が開発できれば、再募集も有り得ます。

 選定から漏れた場合も、過度に消沈せずお付き合いください。


 さて、ここ2週間ほどで、何故かFXに関するご質問が続けて届いています。

 前にも、話題にしましたが、現在は為替関係は地合いが良くありません。

 理由は、投資家の資金が証券会社から引き出され、暗号通貨市場に
 流れているためです。

 投資は、水物です。

 大局の「流れ」というのが相場にはあり、それは投資商品全般にもいえます。

 より、投資価値のある分野に、より迅速に参入する。

 これが、投資で生き残り勝ち上がるセオリーです。


 少なくとも、今の順番はFXではなく「暗号通貨」であり、
 この流れは、更に強烈になります。

 私のポートフォリオは、株、先物、FX、不動産、暗号通貨です。

 暗号通貨の波に乗り、得た利益を他に回します。

 こうして、全体のボリュームを底上げしておくと、どの波が来ても
 臨機応変に対応可能です。

 今は、その地盤を作るのに最適な「流れ」が来ています。

 機会損失は起こさないように取り組みましょう。


 為替の質問の件に話を戻します。
 質問事項はロジック関連が7割で、それ以外は、展望関連という感じです。

 ロジックについては、皆様それぞれ考案されたものを記載頂いておりますが、
 どれも同じような内容なので驚きます。

 私のサイトを読んで、手法を考案しようとすると、
 皆さんこうなるのかなと、意外なところから気付きがあります。

 少し捻じ曲がって伝わっていそうで怖いのですが、
 頭を悩ます過程こそが重要なので、ポジティブです。

 為替の理論とは、ポジションメイクの話ではありません。
 ポジションメイクのみで、解決可能な手法があれば、それは「理想」です。

 一見、「不自然」だと思うポジションにこそ意味があり、
 それが、なぜ「不自然」だと思ったかについて回答出来れば
 チャートが存在する限り通用するロジックが出来ます。

 「不自然」とは「両建て」をするということで、「無駄」のように思いますが、
 どうして「無駄」なのかを正確に回答できないので「不思議」です。

 この解答を考えます。

 もう一度書きますが、ポジションメイクのみでは解決には至りません。

 何ロットの買いをどこで何pips持って、その何pips下に何ロットの売りを持って・・・

 上記のようなことをやっても、ロットの過不足を0に収束させているだけで、
 末期の延命にしかなりません。

 これが、無駄な両建ての答えです。


 「無駄ではない両建て」とは・・・


 できれば、この一点にのみ頭を悩ませてください。

 1より大きい自然数で、1と自分以外では割り切ることのできない集まりを
 ”素数”と言います。

 これでは、答えに感性が無いので、「正の約数を2つ持つ集まり」と考えます。


 エントリーした値を「1」としたときに、それを割り切る約数を決めるというのが、
 正しい答えに至る道で、割り切るという言葉を、投資的に翻訳すると
 「損益分岐点」となります。

 要するに、初めから「両建て」を考えると穴の下の方から抜け出せません。

 しかし、初めの「1」を解決するように機能させれば、
 「両建て」は突然輝きを帯び始めるという事実に辿り着けます。


 前にも書いたと思いますが、例えば1ロットのBuyを持つならば、
 エントリー時点で、0.5ロット分の損失を受け入れていなければなりません。

 そう考えるならば、1ロットBuyに期待される利益は、1.5ロットBuyの利益額と
 同等でないと話は合いませんし、そのために必要なpipsは1.5ロットBuyの
 1.5倍でないと辻褄が合いません。

 目に見えるロットとは、それが何pips上下すればどの程度の損益になるという
 尺度ではありません。
 
 投資家に与えられた情報の本質は、思考するということで紐解くことが可能で、
 その不透明さが投資の機微とも言えます。



 こういう風に為替をとらえる人間は、かなり少数派だと思います。

 しかし、前述した「1」を解決するにはこの道しかありません。


 それでは、アダムでした。



サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑