市場の見方と通貨特性

 こんにちは、アダムです。


 投資を行う際に最も重要なのは、市場選びです。

 どの商品にどれだけの資金を投じ、どれだけのリターンを望むか。
 そして、どれほどのリスクを許容するかという設計書の作成です。

 いつも、私はこの事前作業に多くの時間を費やすのですが、
 前提条件として、「手法」を持っていないといけません。

 簡潔に言えば、投資とはお金を得るための行為で、
 それを叶えるためのツールが「手法」です。

 先ずは、自らの手法が、投資先の市場にマッチしているかを
 知る必要があります。

 例えば、為替を投資先として選択した場合、
 やはり、重要なのは通貨選びということになります。

 短期目線か長期目線か、選択肢はいくつかあります。

 短期だと、それなりにボラティリティの大きい通貨が望まれます。

 GBP/JPYやEUR/JPY等が、クロス円代表で、デイトレーダーに親しまれます。

 一方、ボラティリティが大きいということは、値動きが激しいということで
 言い換えると「リスクが高い」ということです。

 そうなると、初心者はリスクが低く分かり易いものを選択します。

 USD/JPYがその代表です。

 まずは、この程度のことを考慮して投資を始めようと思うのですが、
 果たして正しいのでしょうか?

 この辺に疑問を持つことが「考察」です。

 下図のようなものを作って、通貨ごとの特性を調査します。

 usdjpy


 eurjpy


 USD/JPYとEUR/JPYのボラティリティ分析です。
 集計期間は、2010年1月~2017年5月となります。

 約7年分の日足を全て並べて、高安を確認すれば出来上がります。
 ロウソク足で、1,900本程度なので簡単です。

 100pipsのラインに赤線を引きました。

 これで、1日100pipsの動きがあった日の割合が視覚的に確認可能です。

 これを見ると、USD/JPYと比較すると、EUR/JPYの方が遥かにボラティリティが
 大きいというのが確認できます。

 やはり、短期向きという見解は合っているように思えます。
 (高ボラの方が、デイトレ向きという風潮が正しいとすればですが。)

 さらに、調査を進めます。

 集計データより以下のことが分かります。


 USD/JPY(2010/1/4~2017/5/30)

 1日の平均値幅     :86.44pips
 1日の値幅が50pips以下 :全体の26.15%
 1日の値幅が60pips以下 :全体の37.08%
 1日の値幅が70pips以下 :全体の47.95%
 1日の値幅が80pips以下 :全体の56.92%
 1日の値幅が90pips以下 :全体の65.23%
 1日の値幅が100pips以下:全体の73.03%
 1日の値幅が101pips以上:全体の26.97%
 集計期間中の陽線の本数:957本
 集計期間中の陽線の本数:972本


 EUR/JPY(2010/1/4~2017/5/30)

 1日の平均値幅     :125.78pips
 1日の値幅が50pips以下 :全体の5.81%
 1日の値幅が60pips以下 :全体の9.54%
 1日の値幅が70pips以下 :全体の15.60%
 1日の値幅が80pips以下 :全体の23.69%
 1日の値幅が90pips以下 :全体の31.73%
 1日の値幅が100pips以下:全体の41.01%
 1日の値幅が101pips以上:全体の58.99%
 集計期間中の陽線の本数:986本
 集計期間中の陽線の本数:943本



 色々気づけますが、先ず注目したい特徴は1日当たりの値幅です。

 USD/JPYは、50pips以下で終始する日が全体の約26%、
 また、101pips以上で終始する日が約27%となります。

 つまり、全体の半分をこの値幅が占領することになります。

 その他の値幅は、満遍なく分散しています。

 対して、EUR/JPYを見てみます。
 100pips以下の値幅で終始する日は、全体の40%です。
 一方、101pips以上の値幅で終始する日は、全体の60%程度となります。


 USD/JPYは値幅の上下に中心部分が存在し、EUR/JPYは値幅が大きいところに
 中心が存在しています。

 私が評価する場合、USD/JPYのチャートで最もコアな部分を
 50pips以下と100pips以上のロウソク足に絞ります。
 対して、EUR/USDのチャートで最もコアな部分は101pips以上の
 ロウソク足に絞ります。
 ※ひげも含んでいます。

 それ以外は、ノイズです。

 続いて、陰線と陽線の数を確認します。

 概ね、チャート上には陰陽ともに同数描写されたことが分かります。

 そうすると、USD/JPYに比べ、EUR/JPYの方が大きな値幅で陰陽が
 並んでいたのだろうというのがイメージ出来ます。

 これは、中大規模のトレンドが継続しやすいことを示唆します。


 さて、翻って最初のテーマに問題を帰することにします。

 「通貨特性」

 EUR/JPYが、デイトレに向くのか否か?

 単に、日々の値幅だけを見れば、確かにボラティリティが大きく
 取りやすいかもしれません。

 一方、USD/JPYは相場の中心が低ボラ側に偏っており安定しています。

 この結果は、通貨が投資の向き不向きを決めているわけではなく、
 手法によってそれを決定する必要があることを強くフォローする
 ことになりました。

 ・EUR/JPYでは、低レバで大きな値幅がターゲット
 ・USD/JPYでは、高レバで小さな値幅がターゲット

 このような過程を経て、手法とは設計されていきます。

 どうやら、リスクとは、通貨ではなく手法に宿るようです。

 どこかの誰かはこう言います。

 「何となく、どの通貨でも同じレバレッジで取引してください。」
 「このEAは100万円に対して、このロットで取引してください。」


 レバレッジとは、そのままリスクであり、その評価とマネジメントは
 資金によって決めるものではないということです。

 デジャヴの様に繰り返しますが、投資の肝とは「手法」です。

 100万円あれば安全や、1,000万円あれば安全というような
 資金の多寡でリスクをコントロールするようなやり方は
 必ず破綻するので覚えておいて損はありません。

 これを、商品にして資産運用と名付けて売りつけるのが”ナンピンマーチン”です。

 ただし、ナンピンマーチンも上記のような分析に基づき、正しく設計書を作れば
 十分に利用可能なツールになります。

 手法と呼ぶには拙いですが。


 それでは、アダムでした。



サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑