通貨バランス

 こんにちは、アダムです。
 
 

 各通貨のバランスが崩れ始め、シーソーゲームが始まっています。
 
 
 依然として、市場はリスクオフの様相を呈しており、そうなると売られるのは資源国通貨
 
 
 AUDやNZD、CADなどが標的となります。
 
 
 クロス円での売りは、正解のようですが、正体を見せるまで待ちたくなります。
 
 
 一方、資源国通貨同士のバランスはどうなのか?
 
 
 AUD/NZDを例にすると、半年ほど続いた1.09-1.14レンジを明確に下抜けてきました。
 
 
 こうみると、AUDの売り圧力が強いことが読み取れ、そのまま取引にも利用できそうです。
 
 つまりは、NZD/JPYよりもAUD/JPYの売りを持つ方が面白そうということです。
 

 
 結局、

「中国経済の減速で貧乏くじを引くのは誰?」

 という問題が繰り返し出題されています。
 
 
 現状では、オーストラリアがその一番手で、市場は追随する「どこか」を探しています。
 
 
 矢面に立つのが、どの通貨なのかを探す期間をレンジと言いますが、言い換えると、
 このレンジ状態が長い通貨ペアのどちらかが、その後の主役になりそうです。
 
 
 私の言う、「山や谷の見方」はこのような考えに基づくもので、
 一般的なFXの教科書、基本の”キ”の”裏”を見ます。
 
 
 書籍には書いていませんが、力には必ず「入力」「出力」があり、
 その「ニュートラル」な状態が、最も注目すべきタイミングです。
 
 
 ドル円も上値が重いですが、これは「期待で買って」、「事実が出ても買わされた」反動で、
 120円後半~121円あたりが非常に厚く感じます。
 
 
 当面、レンジが続きそうなことは目に見えており、個人的にはタイミングだと感じます。
 
 
 こうして見ると、インジケータやテクニカルに意味を求めることの儚さを感じます。
 
 
 寄る辺が無いのはいつものことで、定常通りに処理します。
 

 
 「上値を追うのも、下値を探るのも危険」とよく言いますが、誰がそれを決めるのでしょう?
 
 
 正しく疑問を持つということは、その辺に問題を投げかける勇気だと感じます。
 
 
 
 それでは、アダムでした。



サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑