資産運用に対する心構え

 こんにちは、アダムです。
 
 

 昨日、以下の様なメールを頂きました。
  
 

「アダムさんは、資源国通貨をメインに取引をしているようですが、
  最近の乱高下は問題ないのでしょうか?
  また、この先さらに下落するというようなニュースもある中で
  不安はありませんか?」

 
 
 まず、私の取引が資源国通貨メインであることを何故知っているのかと思いましたが、
 読み返すと、過去に自分で書いていました。
 
 私が忘れた、私の記事を覚えていることが既に感動で、よく読まれているのを実感します。
 
 
 さて、質問について回答します。
 
 
 最近の乱高下について、例えばAUD/USDなどは振れ幅400~500pips程度の相場です。
 
 
 問題があるかないか?
 
 -ありません。
 
 
 EAの設定にもよりますが、私の設定ではレンジの範囲で”動きなし”。
 
 日々、資産が増加します。
 
 一方、設定次第でレンジの範囲外となった場合は、単純に”動きあり”となるだけで、
 含み益か、利確かの二択です。

 
 続いて、この先の資源国通貨の下落予想について不安があるか?
 
 -早く来てほしいと思います。
 
 
 以上が答えですが、読み返さずとも万能なように思えます。
 
 
 これは、苦手な相場がないからで、「得しかしない」理論の為です。
 
 
 投資に臨む姿勢、資産運用の心構えとは、
 

 「心構えを放ること、型づくりをしないこと。」
 
 
 いつ何時、何が起きても対応が出来ることが重要で、
 姿勢やルールを固めては今いる場所から動けません。
 
 
 臨機応変、融通無碍に振る舞うことが、資産運用の“そのもの”で、それ以外はありません。
 
 
 「安心」できることが最優先で、「安定」は「安心」の対義語だと認識して下さい。
 
 「安心」の同義語は「自信」で、大きくなる程しこりは取れて揺るがなくなります。
 
 
 そうすると、”臨機応変”、”融通無碍”に至ることが可能なのだろうと思います。
 
 
 私には、なかなかこれが難しいので、自動売買に頼ることになりました。
  
 それ故に、私のEAは資産運用の「初めから終わり」を不自由なく満足させるもの

 
 つまり、「全て」です。
 
 
 
 それでは、アダムでした。



サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年12月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑