盲目の教典

 こんにちは、アダムです。


 久しぶりの更新です。

 方々飛び回っており、最近は暗号通貨関連での引き合いが多いのですが、
 FXや株式の方でも、色々と動いております。

 さて、11/20頃からBTCが沈んでいます。
 3800ドルを切る水準まで、一方通行での下落。
 速度もあり、底値の「コツン」という音は聞こえてこないように思います。

 現在は、少し反発して4000ドル近辺。

 反発というには弱いですが、それでも3800レベルが堅いことには意味があります。

 今回の下落で、まず先行したのが「悲壮感」と「狼狽」。

 ・BTCはもう上がらない。
 ・暗号通貨は終わっている。
 ・価値の裏付けがないので、結局はゴミでしかない。


 私もこの業界が長いので、こうした場面は何度も経験してきました。

 過去には、為替でも、原油でも、金でも同様のことがありました。

 何度も書きますが、歴史は少しずつ形を変えながら繰り返されており、
 円ではなく螺旋で続いています。

 この数ヵ月、私は主にBTC相対取引の市場に携わっていました。

 この現場では、今も多くのバイヤーが活発に動いており、売り方の供給が
 間に合わないほどの取引が行われています。

 BTCの相対は、最低取引額で50万ドル(5000万円)以上からとなります。
 これで、市場の2~3%引きというのが一般的な相場です。
 ※もし興味があれば、紹介出来ます。

 さらに大口になると、5~7%引きでの相対も存在します。

 購入しているのは、世界的な大企業ばかりで、日本の上場企業も
 かなりの額を保有しています。


 
 こういう取引は表に出てこないので、その他大勢は、取引所の板情報のみで、
 上がった、下がったと一喜一憂します。

 これは、投資の常であり、一般投資家が逃れられない十字架です。

 現に、世界トップ500人(団体)のBTC保有者はこの下落をトリガーに
 がっつりBTCを購入しています。(下図参照)


btc_top500
 出典:Behavior of the top 500 Bitcoin addresses this fall.@cryptokrunch

 木を見ずに枝葉のみで判断すると悲壮感。
 森を見ずに木のみで判断すると狼狽。
 森を森として見れる者だけに拡がりが提供されます。

 そして、森を拡大するための「植樹活動」が世界規模で広がっていることを
 認識出来れば、自ずから答えに近づくことが出来ます。


 大抵の一般投資家は、これを逆方向に結合する思考回路を持っています。

 植樹活動を疑い、森を見ずに枝葉のみにフォーカスします。
 「近視眼的自滅行動」です。

 自らに課した「信頼」は、どこかの馬の骨が吹聴する「出鱈目」に淘汰され、
 終には、「疑心」と「不安」で心が満たされます。

 これが、投資家の持つ十字架で、偶像崇拝と恐怖信仰が支配する
 「盲目の教典」の殉教者となります。

 ”持たざる者の投資”が何故失敗するのかという問いの答えがこれです。

 貧しい者は、より搾取され。
 富める者には、更に富が集まる。


 太古より連綿と続く真理です。

 「ここでの選択、ここからの選択」

 これが、投資家として生きられるか否かの別れ道です。

 「納得いくまで考察した対象を、己の信念に基づいて買う。」

 これが至高の投資で、その他の不純物によって、この崇高な行いを汚してはなりません。
  

 それでは、アダムでした。



サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑