大海

 こんにちは、アダムです。


 これは、投資を目指した「大勢」の「大半」の「皆」の物語。

 一人で投資の旅に出ます。
 道程は「為替」で、辿り着くための方法は「徒歩」を選択します。

 必要十分というには程遠い荷物を背負って出発します。

 この旅路で手にしたのは、知識や経験の様な幻と、テクニカルと呼ばれる幻想。

 やっとのことで見つけた宝は、EAという空(から)の箱。

 一つだけ残ったのは、「諦めない」という気持ちでした。

 おわり


 これが、大勢の平均値です。

 諦めないとは、「諦められない」ということで、既に戻る場所はなく、
 実は出発した場所すら忘れています。

 -為替の答え-

 ここに至ろうとすると、「陸路」では到底辿り着けないことが分かります。

 インジケーターやテクニカルとは、誤魔化し。
 EA(自動売買)とは、幻想です。


 この記事の目的は、ここで一つの問題に気付いてほしいということ。

 つまり、裁量でも自動でも勝てないのであれば、そもそもこの「旅」自体が
 無意味だったのではないか?

 ・・・その通り。

 スプレッドという針山を、インジケーターという草履で進む旅。
 途端に歩けなくなって当然です。

 為替の道程を、渡り切りたいなら、正しく海図を描き、
 沈まない船に乗ることが必要です。

 これのみが、為替の大海で正しく利益を得る方法です。

 海図とは、ロウソク足。
 沈まない船とは、チャートです。


 MT4にインジケーターを表示させて満足している場合ではありません。

 為替を解決する手段は、全てチャートに内包されており、
 その縁や因果を描写するのがロウソク足です。

 インジケーターを使って「0」になった口座はたくさん見てきましたが、
 レートが「0」になったチャートは今までに一度もお目にかかったことがありません。

 この辺の「事実」を無視できること自体が私には不思議です。

 これを曲解して、インテリ風に振舞いたいからインジケーターでチャートを汚します。
 本質からどんどん目を背けて、目指した場所とは明後日の方角に走り出します。
 誰も気付きませんが。

 私は、裁量には頼りませんが、やらないということはありません。
 むしろ、暇があればちょこちょこエントリーします。

 海図が描けるので、ほぼ利益に出来ますが、ファンダメンタルの
 急変等には対応できないケースがあります。

 これが、裁量を信頼しない理由です。

 裁量でも正しい海図は描けますが、沈まない船(チャート)に寄り添うことは
 絶対に出来ません。


 これをやろうとすると、「両建て」しかないので、EAを使います。

 EAの利点は、矛盾が起きないことと正確さです。
 決して、期待値や勝率を向上させるものではないのでご注意ください。

 つまり、期待値の向上や利益率の向上を謳うEAは、「全て詐欺」。
 手法を誤りなく実行するために取り入れているものであれば、「まだマシ」です。

 これが、EAの真贋判定や評価の答えです。

 もう一度書きます。

 為替を解決するための全てはチャートに内包されています。
 そして、その縁や因果を描写するのがロウソク足です。

 この二つさえあれば、為替で利益を得ることが可能です。
 これが、「必要十分な荷物」というものです。

 作成しているEAの進捗は5割ほど。
 頭を使わない分、手と目が疲れます。

 これの利用者には、私の裁量トレードも提供できれば良いなと思います。

 両方体験すると、自動と裁量が為替にどのように関わっているのかが
 理解できると思います。

 ただ、私の裁量手法を教えても、勝てるようになる保証はありません。
 幾人かは利益を得るでしょうが、全員は不可能です。

 このような無責任なものをリリースするわけにはいかないので、
 やるならばコピートレードのような形になると思います。

 これであれば、多少のズレは有れど、ほぼ皆が同じように利益になります。
 
 「答え合わせは、稼いだ後で。」

 こういうのが出来れば良いなと、何となく考えています。
 忙しく、そこまで辿り着けるか否かは甚だ自信がありませんが・・・。

 取り敢えず、EAが出来ないことには始まりません。

 私が裁量に用いるチャート。

trade



.

 凡そ、トレーダーらしからぬチャートです。
 
 必要な情報だけが表示されるようにカスタマイズしています。
 故に、為替の全てが一目で分かります。

 左がH1のロウソク足。
 右が長期間のラインチャート。

 つまり、「現在」「過去」

 海図の描き方は左で、チャートに寄り添うことは右で行います。

 これ以外に、トレードで勝つために必要なものは、「睡眠」くらいです。


 それでは、アダムでした。



サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑