ユーロ問題と裁量トレード

 こんにちは、アダムです。

 前にも少し書きましたが、ユーロが下落しています。
 
 
 ギリシャのデフォルト懸念が引き金ですが、中銀の金利引き下げ方針の方が
 インパクトは大きいです。

 
 良くメールを下さる方から、
 
 「アダムさんは、今ユーロドルで裁量取引をしている様なことを
  書いていましたが、今後の展開についてどのようにお考えですか?」
 
 というメールが届きました。
 
 
 私は、投資助言業者ではないので具体的にあーだこーだと言えませんが
 今後のユーロドルについては「売り」が有利だと思います。
 
 あくまで、私ならですが。
 
 
 まあ、やみくもに売ってもダメでしょうが。
 
 
 FX投資家は陣取りゲームが大好きで、必ず「買う方」「売る方」に分かれます。
 
 「両建て」大好きは、私のような変わり者のマイノリティだけです。
  

 「売り」「買い」どちらが正解なのかは答えが出るまで分かりませんが、
 一般の投資家は、出来るだけ有利な方に便乗します。
 
 
 さて、ユーロ懸念ですが、ギリシャが話題の中心の様に見えます。
 

 これも考えれば分かりますが、ギリシャの離脱はEUにとって
 マイナスでしかありません。
 
 経済面ということではなく、安全保障上の都合が多くを占めます。
 
 
 ギリシャ離脱→ロシアと手を組む(別に中国でも構いませんが。。。)
 
 
 EU諸国にとって、これほど嫌なことはありません。
 

 デフォルト如何に関わらずEUからギリシャを離脱させることは無いと思います。

 デフォルトしてユーロ離脱はあるかもしれませんが・・・
 
 
 ギリシャもそれが分かっているので強気です。
 
 
 ユーロに残された道は、内部でギリシャと上手く着地し
 外部へは燻っているように見せることです。
 
 火種は決して消しません。
 
 
 これが、私がマネーゲームと例えた答えです。
 
 
 投資家の視線は、既に金利政策に移っていなければなりません。
 
 
 誤字・脱字に囚われて、本質的なエラーをチェック出来ていないことが良くあります。
 
 
 今回もそれが起こりそうで、その時が裁量の止め時です。
 
 
 いずれにせよ、ギリシャ問題に一応の合意が出たところで
 ユーロは大きく買い戻されます。
 
 
 いくら跳ねても、1.15~1.16付近でしょうが。
 
 
 所詮そのレベルは、売り場以外の何者でもないのでしょう。
 
 
 さぁ、その時どうするか?
 
 
 正解は、ポジションを持たないことです。
 
 
 明らかにそこが止め時ですが、普通の人は止められません。
 
 
 ギリシャ問題から、金利政策に問題がシフトします。
 
 コントロールが中銀に移った時点で止めましょう。
 
 
 過去何度も失敗したことです。
 
 
 そこから先は、聖域のようなもので上も下も無くなります。

 
 裁量でそこに立ち入るには、「センス」「運」か或いは「その両方」が必要です。

 
 自分に無いと思った方は、一番エントリーしたいレートで我慢をしてください。
 
 恐らくそれが最も有利な決断です。
 
 我慢をした後、この記事を初めから読んでみてください。
 
 
 何が書かれているか理解できると思います。
 
 
 
 それでは、アダムでした。



サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年9月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑