ミセス・ワタナベ

 こんにちは、アダムです。


 昨日の夜中にBTCがクラッシュし、大きく値を下げました。

 レジスタンスとサポートの話をすれば、7000-7200のサポートが割れ、
 今は、6600-6800のサポートが機能しているという様相です。

 投資では、特に暗号通貨では、レジサポの話をしても、
 「暖簾に腕押し、糠に釘」ですが、一応書きます。

 前回も書きましたが、6000台を突き抜けるショートは、現状では
 想定していません。

 これは、市場参加者(まともにチャートが見れる人たち)の大勢は
 そうだと思います。

 一方で、こちらも前回書きましたが、結構怖いのは、まともで無い人たちの
 恐怖売り・狼狽売りのトレンドです。

 大抵日本人だというのが笑えますが、仕掛ける側はそこを見ているので
 一気に刈り取りに来ます。

 こうして、海外投資家に笑われるのが「ミセス・ワタネベ」さんという
 脳無しセレブで、結構周りに溢れています。

 とある島国には特に・・・


 さて、投資家であれば、確からしく理解できる見解を示す必要がありそうです。


 真相を少し・・・

 BTCは1000ドルほど下に突っ込みました。

 バンドが上下に収束していたので、下方向に抜けた格好です。

 「-2σで売れば利益」が証明されましたが、皆さん取れていますか?
 笑えない冗談です。
 
 この程度のものですよ、テクニカル。

 直近の暗号通貨市場を図るには、現時点のアルト相場を
 観察する必要があります。

 BTCの急落と比較して、アルトはそこまで突っ込んではいません。

 つまり、今回やられたのは「BTC-FX」をしている層ということでFIXでしょう。

 問題はここからで、この「狩場」をきっかけにマーケットメイカーが
 次の一手をどちらに振るかということです。

 終局的に上げるので、折り返し地点を見極めます。

 私の見解は、前回記事から変更はありません。
 (前回記事はこちら。)

 突っ込みは買われると踏んでいますし、私自身も買い向かいます。

 他方、一応のトレンドラインを割られたダメージも考慮する必要ありで、
 上述した「ミセス・ワタナベ」達が心配です。

 私は、6800-5000までに、5%刻みで仕掛けを張りました。

 全部刺されば、底値の100BTCが手に入ります。

 刺さらず上がれば、そのままどこまでも上昇することを祈ります。

 BTCの上下で利益を狙うような取引は行いませんが、
 落ちているお金は拾います。

 今は、忍耐と握力と資質が問われる相場です。

 甘くはないですが、戦略さえあれば、さほど辛くもありません。

 私の案件に参加される方々は、漏れなくこのレールに乗せていきます。


 暗号通貨投資との付き合い方。

 最悪のケースを想定し、急落時に買い増しできるフィアットの比率を
 常に管理すること。
 暗号通貨「3」に対して、フィアット「7」程度の比率です。

 急落時に買い増し出来ない様なやり方は、始める前に詰んでいます。


 為替との向き合い方とは逆で、これは右肩が上がるものにしか
 通用しませんが、当該相場においてはこれが唯一の答えです。


 それでも不安な時の処方箋。

 「チャートを閉じて、忘れましょう。」


 それでは、アダムでした。



サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年12月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑