ドル高orドル安

 こんにちは、アダムです。


 ドル円が俄かに底堅く浮上しています。

 我慢が出来ない方は、この辺で利確も良いでしょう。

 我慢できる方は、あと200pips待ちましょう。

 浮足立つ理由は、次回のFOMCでの利上げ期待。

 米国の利上げは、最早やるかやらないかではなく、その回数の方が重要です。

 「1回」、つまり前回の利上げで年内はもう「無し」という見解もあれば、
 「2~3回」という前向きな姿勢もあるようです。

 これがどう転ぶかは、蓋が開かないと分かりませんが、それよりも見るべきは
 他にありそうな気がします。

 「過去、米国の利上げによって為替がどう動いたか?」

 参加者であれば、当然これは知っておかなければなりません。

 ここからは、半分お浚いと半分予習です。

 過去、米国利上げが行われた年を記載します。

 ・1972年
 ・1977年
 ・1982年
 ・1983年
 ・1987年
 ・1994年
 ・1999年
 ・2005年


 続いて、利上げ発表前後にドル円レートがどう推移したかを復習します。

 以下がそのグラフです。
 ※赤丸は利上げをした年の1年後のレートです。

 ドル円-1

 上記グラフは安値と高値を結んでいるわけではなく、利上げにポイントを絞って
 その前後を結んでいます。

 なんと、利上げが行われた翌年には、ドル円レートはむしろ下落していることが
 多いというのが分かります。

 はい、ここまではお浚いで、ある程度の知識があれば知っていますし、
 探せば他のサイトにも書いている内容です。
 

 それでは、ここからは展望に対するアプローチ。

 上記のグラフから、無駄を省き、見るべきものを残すと以下の様になります。

 ドル円-2

 現在の相場に照らして考察するならば、バブル後を見れば十分です。

 グラフには、明示されていませんが、バブル崩壊後1995年に80円台まで下落します。

 その2年後には、アジア通貨危機により140円台まで上昇しました。

 さらに、その2年後にユーロが誕生し、ドル円は100~130円台で安定します。

 近年で言えば、ドル円の成熟は正にこの時期にあったと思います。

 その後、2011年の東日本大震災で76円まで沈んだ後は上昇し、
 アベノミクス効果で125円台に乗せました。

 こうした上下はありますが、ポイントを絞れば以下の様に見たい部分が出てきます。

 ドル円-3

 要は、利上げと利上げの間は緩やかですが上昇しているということ。

 確かに、利上げの翌年は下落をしていますが、次の利上げまでには再度上昇しています。

 これこそが重要で、当たり前のようですが誰も何も言いません。

 それでは、予習です。

 「20**年**月に向けて、ドル円レートはどうなるか?」

 私には、上記グラフの様な緑矢印が見えて仕方ありませんがどうでしょう・・・

 向かう先は、成熟する(していた)場所で、落ち着けるのは130円台が良さそうです。

 右往左往は当然ありますが、見据える場所は何気に決まっていそうです。

 データを見るということは、有意差の大小を抽出し因果を求めることですが、
 為替を見るということは、チャートの流れを読むことです。


 見誤ると、それが起こった経験と、どうなったかの結果でしか議論が出来なくなります。

 両者は互いに過去の遺産で、決して未来の話ではないことに注意しましょう。


 それでは、アダムでした。



サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年12月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑