ドル円上昇

 こんにちは、アダムです。
 
 
 ドル円が上昇しています。
 
 
 125円を目指す相場に転換したようです。
 
 ドル円は、上がりたく、上げたい人もいるので需要と供給の利害は一致します。
 
 これは、以前に記事でも触れています。
 ※詳細はこちら
 
 
 まずは、123円台で踏ん張ることが重要で、それができれば既定路線でしょう。
 
 
 対して、ユーロドルは下げています。
 
 1.10を下抜けると、心理的な節目であった、1.09ライン、1.08ラインも
 下抜けてイケイケです。
 
 特に、1.08ラインは、上昇時もある程度攻防があったラインで、ここを明確に
 抜けてきたのは嬉しい限りです。
 
 
 私は、テクニカルを否定しますが、こうした見解を書くたびに、
 それが間違いでないことを確信します。
 
 ~ラインなどと言っても、所詮は勝手に作った妄想で、そんなものはサポートにも
 レジスタンスにもなりません。
 
 
 こんなラインは、下げるとき、上げるときのきっかけで、ブースター以外の
 何物でもないことはチャートを見れば理解可能です。
 
 
 下がる、上がるではなく、下げる、上げると書いた意味は、私の記事を
 はじめから読めば分かります。
 
 
 郵政3社の上場などもあり、株式も活気づきましたが、
 やはり、民営化ではなく、政府お抱えの錬金工場であるということです。
 
 
 お金が際限なく刷れるわけでもなく、無価値なものにお金を出すスポンサーが
 いるわけでもありません。
 
 いつ見限られてもおかしくありませんが、国民という犠牲ならばいくらでも
 払えますので、それ前提で次の一手を考えます。
 
 
 古臭く、カビの生えた脳みそで放つ一手は、全て「悪手」で、それが狡猾な
 投資家のエサとなります。
 
 
 賢く疑似餌を投げ込めばマシですが、本身でいくので食いちぎられて失敗です。
 
 
 本来は笑えませんが、ここまで来ると、
 
 「すべらんなぁ」
 
 と言いたくなります。
 
 
 諸問題はいくつもありますが、最も大きな問題は、世界から笑われていることに
 全く気付いていない、リーダーが存在している現状です。
 
 
 大国からすれば、
 
 「歩み寄らずとも、走り寄ってくる。」
 
 くらいに思われていることは明白です。
 
 
 ジョーカーは切り札に使うべきですが、いつでもジョーカーから先に使い、
 剰え、ルールまで変更されても文句が言えない愛しき国家です。
 
 
 憂うこと自体が間違っているので、心中だけはしないよう準備を進めます。
 
 
 
 それでは、アダムでした。



サブコンテンツ

adamのプロフィール

adam
投資に聖杯はあるのか?
その答えに最も近い手法を実践しています。 共に投資の深淵を覗きに行きましょう。
プロフィールの詳細はこちら

FXに関する税金


FXに関する税金


FXに関する税金のおはなし。
稼ぐ前に知識をつけましょう。

カレンダー

2020年9月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

↑ Go To Top ↑